パソコンは長い間使っていると少しずつ処理速度やキーボードなどの反応が遅くなったりして多少なりの不具合が生じてしまいます。

 

パソコンに不具合が起きたからと買い替えるのではなく普段から手入れをしていれば長く愛着を持って使うことができます。

 

パソコンは長く使い続けると部品の故障の確立が上がりますので物理的に壊れることは、さけて通ることはできません。

 

パソコンの部品の故障で多いもの

 

パソコンの部品の故障で多いものにハードデスクに次いでファンがありメモリ、電源関係からバッテリー(ノートの場合)そしてモニター(デスプレイ)などがあります。

 

ですから部品についても常に気を使ってサポートしてあげることも重要になります。

 

パソコンを出来るだけ長く使う為には、内部にホコリ等をためない事が重要で、インターネット上にパソコンのクリーニングやサポートをしてくれるサイトがありますので利用できます。

 

パソコンには熱が天敵!冷却も必要に応じて必要

 

パソコンには内部を冷やすためにファンという扇風機みたいな装置が外部の空気を取り入れて部品を冷やしていますが、この取り込んだ空気と一緒にホコリなども一緒に取り込んでしまい不具合の原因のひとつになっています。

 

ファンが無い小型のパソコンにはステンレスやアルミの放熱板が熱を発する部品に付けてあり、熱を吸収して軽量で静かなファンレスタイプもあります。

 

パソコンに多少なり詳しい方ならばエアースプレイなどを用いてホコリを吹き飛ばして処理するという手もありますが一つ間違えば故障の原因になりますので知識と注意が必要になります。

 

パソコンには、やはり“熱”が天敵で、デスクトップでしたら通気の良い場所で使う事も大事になりますしノートパソコンでしたら発生する熱をまんべんなく分配して強力な風圧で放出するクーラーパッドなどのアイテムがあります。

 

パソコンの内部データを最適化させよう

 

また、ハードデスク内にバラバラに散らばって保存されたデータが邪魔をして新しく保存しょうとするデータの保存場所が確保出来ずに処理速度が低下することがありますので、不要なデータを全て削除し、散らばったデータを整理することで改善することも必要になります。

 

一般的に不要とされるデータには、インターネットの一時ファイルとかゴミ箱に入っている不要ファイルやシステムエラーのメモリ・ダンプファイルに一時ファイルなどがありますのでこれらの不要なファイルは削除してしまいましょう。

 

ウィンドウズであれば標準に搭載された「デスク・クリーンアップ」と「ドライブのデフラグと最適化」というツールで改善することが出来ますので定期的に行う事をお勧めします。

 

パソコンは愛着を持って大事に使えば、長く使うことが出来ますので、冷却に注意し部品に気を使い、手入れを怠らずに可愛がって使うことがパソコンを長く、長く使う秘訣になります。